夏に黒の服は暑いと、よく言われていますよね。

あなたも夏に黒い服を着て、暑いと感じたことがありませんか?

夏に黒い服を着ると暑いのは、なぜなのでしょうか?

私も個人的に夏に黒い服を着ると暑い理由が、とても気になりましたので調べてみました。

すると、意外なことが分かりました。

夏は黒い服より白い色の服のほうが涼しいと言われていますが、服を着ている時間の長さで変わってくるようです。

 

夏に黒い服が暑いのはなぜ?

 

まずは、夏の黒い服が暑いのがなぜ?の結論をお伝えしますね。

 

「夏の黒い服が暑いのはなぜ?」の結論

・黒い服は太陽なのど光を吸収しやすいから

 

夏に黒い服が暑いのはなぜ?理由は太陽などの光を吸収しやすいから!

夏に黒い服が暑い理由は、黒い服は太陽などの光を吸収しやすいからです。

服に太陽などの光が当たると服は光のエネルギーを吸収し、熱に変わるため温度が上がります。

 

太陽などの光のエネルギーが特に吸収しやすい色が黒だそうですよ。

ですので、黒い服は暑いと言われています。

 

しかし、これは服の外側の話。

体側はまた別の話になります。

 

夏に黒い服でも暑くないって本当?

夏に黒い服を着ていても、服のカタチや素材で暑さを軽減できます。

体にピッタリとフィットするような黒い服は着ていて暑いです。

 

ですが、ゆったりした黒い服でしたら、黒い服を着ていても暑さが軽減されます。

 

というのは、ゆったりした服を着ることで服と体の間に空気が通るようになり、服と体の間にある暑い空気が放出されるようになるからです。

 

服と体の間には空気の流れがおきています。

空気の流れは体が動いたり、風が吹いたりすることで起こります。

 

たとえば、自転車をこいでいるときよりも、自転車を止めたときのほうが暑くないですか?

その理由は動いているときのほうが服と体の間の空気が流れているからです。

 

空気の流れは下から上へと流れるのですが、体にピッタリした服では空気が下から上に流れるのを邪魔してしまいます。

ですが、裾が広がっているようなゆったりした服ですと、空気が下から上に流れるのを邪魔しませんので、涼しく感じるそうです。

 

もちろん服の生地によっても暑さが違ってきます。

夏の暑い時季は綿や麻がオススメです。

 

 



 

夏は黒い服より白い色の服のほうが涼しいってウソなの?

白い服は黒い服よりも涼しいと聞いたことがありませんか?

ですが、白い服でも黒い服でも涼しさは変わらないそうですよ。

 

夏は黒い服より白い色の服のほうが涼しいのか?結論

・短時間なら白い服が涼しい

・長時間なら変わらない

・服のカタチや生地の素材によっては黒い服のほうが涼しくなる可能性も!

 

夏の黒い服と白い服で暑さは変わりません!

夏に黒い服を着ていても、白い服を着ていても、長時間服を着ているのであれば、暑さは変わらないそうです。

ただ、短時間であれば白色は光を吸収しにくく紫外線を反射するので、白い服のほうが涼しいのだとか。

 

ですので、黒い服を着ていると暑いような気がしますが、他の色を着ていたとしても暑さはほとんど変わりません。

 

暑さを軽減できるのは服の色ではなく、服のカタチや素材です。

たとえば、体にピッタリとフィットした白い服よりも、ゆったりとした黒い服のほうが服と体の間の空気の流れがよくなりますので、涼しく感じます。

また、素材も色の違いよりも涼しさが変わってきます。

夏の人気素材は綿、麻、リネンなど天然素材ですが、最近はヒンヤリ素材の服もありますので、お好みで選んでみてはいかかでですか。

 

 

夏に黒い服は暑い?まとめ

こちらでは、夏に黒い服が暑い理由についてお伝えしてきました。

紹介した内容をまとめます。

 

夏に黒い服が暑い?まとめ

・夏に黒い服が暑いと言われるのは黒が太陽なのど光を吸収しやすいから

・夏に黒い服でも白い服でも長時間になると暑さは変わらない

・短時間であれば黒い服より白い服が涼しい

・暑さを軽減できるのは色ではなく服のカタチや素材

 

もう、夏は黒い服は暑いと悩まなくてすみますね。

おすすめの記事