魚焼きグリルの掃除って面倒ではありませんか?

美味しく焼けた魚を食べたあとに、魚焼きグリルの掃除が待っていると思うと、ちょっとテンションさがりますよね。

簡単にできる魚焼きグリルの掃除方法を探していたときに、偶然にもテレビ番組で魚焼きグリルの掃除がラクになる方法を紹介していたんです。

テレビで紹介していたのは、片栗粉を使った掃除方法です。

でも、これだけだと受け皿は簡単にキレイになっても、魚を焼いたときに網にくっついてしまった汚れは取れません。

ですので、魚が魚焼きグリルの網にくっつかない方法も、あわせてお伝えします。

まずは、魚焼きグリルの片栗粉を使った掃除方法です。

魚焼きグリルの片栗粉を使った掃除方法(焼くまえに準備します)

 

今回、紹介する魚焼きグリルの掃除方法で利用するのは、料理のとろみつけで使う片栗粉です。

片栗粉は100円均一やスーパーでも売っていますし、料理好きな人であれば家にストックしている人も多いのではないでしょうか。

片栗粉を使った掃除方法をテレビで紹介していたのは、家事が得意な家事えもんさんです。

家事えもんさんの掃除方法は、魚を焼いたあとではなく、魚を焼く前に準備する方法です。

 

注意:魚焼きグリルの受け皿に水を入れてはいけないタイプはこの方法はできません。

 

掃除に使うもの

  • 片栗粉 大さじ5
  • 水 300ml

 

魚焼きグリルの掃除方法

1.魚を焼くまえに魚焼きグリルの皿に水と片栗粉を入れ、よく混ぜ合わせる。

2.火をつけて魚を焼いて、焼きあがった魚を取りだす。

3.魚を取りだしたあと、片栗粉がジェル状に固まる(2時間くらい)まで放置する。

4.片栗粉が固まったら、剥がして魚焼きグリルを食器洗剤で洗う。

 

ポイント

受け皿で片栗粉と水を混ぜるタイミングは、火をつける直前がいいです。

もし、時間をおいてしまったら再度かき混ぜてから火をつけてくださいね。

 

片栗粉を使った掃除は、片栗粉が固まるまで放置するのがポイントです。

 

でも、魚焼きグリルの受け皿は簡単に掃除できたけど、魚が網にくっついて掃除が大変だったなんてことありませんか?

つぎは、魚を焼いても網にくっつかない方法も紹介しますね。

 

魚が網にくっつかない方法

魚が魚焼きグリルの網にくっつかない方法を3つ紹介します。

3つ紹介する方法は魚焼きグリルの受け皿に水を入れて利用するタイプの方法です。

 

網に油を塗っておく方法

1.魚を焼く前にキッチンペーパー(ハケでもOK)などに油を少量つけて、魚を置く網の表面の全体に塗る。

2.魚焼きグリルに火をつけて、2~3分くらい予熱する。(受け皿に水が入っていること)

3.魚を置いて焼く。

 

網に酢を塗っておく方法

1.魚を焼く前にキッチンぺーパー(ハケでもOK)などに酢を少量つけて、魚を置く表面の網の全体に塗る。

2.魚焼きグリルに火をつけて、2~3分くらい予熱する。(受け皿に水が入っていること)

3.魚を置いて焼く。

 

火をつける前に魚を置く方法

1.魚焼きグリルの受け皿に水を入れらた、網に魚を置く。

2.魚を置いたら火をつけて焼く。

 

魚がくっつかない方法でオススメは?

私が魚を焼くときは、意外かもしれませんが、「火をつける前に魚を置く方法」です。

じつは、この方法は以前に小林カツ代さんがテレビで紹介していた方法です。

当時、予熱をしないで魚を焼くのは、とても不安でした。

ですが、実際に焼いてみると、焼いても魚はくっつかず、しかも魚が普通に焼けていました。

 

それからは火をつける前に魚を置いて焼いています。

ですが、やっぱり火をつけるまえに魚を置いて焼くのは、勇気がいります。

 

ですので、油や酢をつける方法がオススメです。

ですが、酢の方法は私自身は挑戦したことがありませんので一番のオススメは油を塗ることです。

 

おすすめの記事