ドラマ「私たちはどうかしている」の夕子の店のロケ地を紹介します。

夕子の店は謎多き多喜川が通っている店です。

多喜川が通っている夕子の店のロケ地がどこなのか気になり調べてみると、2店舗を利用して撮影をしているようでした。

こちらでは、ドラマ「わたどう」の夕子の店のロケ地として利用されている2店舗の店を紹介します。

わたどう夕子の店のロケ地はどこ?

ドラマ「私たちはどうかしている」で夕子の店のロケ地は外観と内観で異なります。

 

夕子の店の外観のロケ地

東京都武蔵野市にある「魚はま」

夕子の店の内観のロケ地

東京都墨田区にある「京星 はせ川」

 

ドラマ「私たちはどうかしている」に登場する謎の人物・多喜川薫が通っている店の店名は『呑処ゆうこ』です。

「呑処ゆうこ」を営んでいるのは、宮部夕子です。

花岡夕子ではありません。

 

わたどう夕子の店の外観のロケ地は武蔵野市にある割烹料理屋!

出典:https://localplace.jp

 

 

ドラマ「私たちはどうかしている」で夕子の店の外観のロケ地として、利用されていたのは割烹料理屋の「魚はま(うおはま)」です。

 

ドラマ「私たちはどうかしている」の夕子の店はこぢんまりした感じでしたが、ロケの外観で利用された「魚はま」は同窓会などにも対応できる、最大80名まで宴会が可能な広い店なんですよ。

 

「魚はま」は老舗の割烹料理店ということもあって、最高級和牛を使ったすき焼きや鮮度抜群の魚料理など、とても美味しそうな料理を提供するお店です。

 

割烹「魚はま」の場所

住所:東京都武蔵野市八幡町1-1-32

JR中央線・三鷹駅より徒歩約15分

 

 



 

わたどう夕子の店の内観のロケ地は墨田区にある天ぷら屋!

動画で夕子の店の店内がご覧いただけます。

 

ドラマ「私たちはどうかしている」で夕子の店の内観のロケ地として利用されたのは、墨田区にある天ぷら屋の「京星 はせ川」です。

 

「京星 はせ川」は天ぷらで有名な京星で修業した店主が営んでいる店ですので、じつはとても有名なお店なんですよ。

店内はカウンター席のみで、料理メニューは、「おまかせコース(14000円)」1つです。

 

店では揚げたての天ぷらを1品ずつ出してくれるので、カウンター席のみのようですね。

 

「京星 はせ川」の場所

住所:東京都墨田区江東橋2-7-10

JR総武線・錦糸町駅より徒歩約8分

 

 

ドラマ「私たちはどうかいしている」夕子の店のロケ地まとめ

こちらでは、ドラマ「私たちはどうかいしている」の夕子の店のロケ地を紹介しました。

お伝えしたことを簡単にまとめますね。

 

夕子の店のロケ地まとめ

・夕子の店のロケ地は2店舗ある

・外観のロケ地は武蔵野市八幡町にある割烹割烹「魚はま」

・内観のロケ地は墨田区錦糸町にある天ぷら屋「京星 はせ川」

 

ドラマ「私たちはどうかしている」で今後も気になるロケ地がでてきましたら、記事を投稿する予定です。

 

おすすめの記事