ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」の実家のロケ地を紹介します。

ドラマ「カネ恋」で主人公・玲子の実家は海の近くにあります。

ロケで利用されていた古民家がとても素敵だったので、玲子の家の撮影場所はどこ?と気になった方は多いのではないでしょうか。

こちらでは、ドラマ「カネ恋」の玲子(れいこ)の家のロケ地をお伝えします。

カネ恋の実家ロケ地はどこ?

出典:https://twitter.com/Kanekoi_tbs

 

九鬼玲子の家のロケ地

・鎌倉にあるシェアハウス「甘夏民家」

*九鬼玲子の家は民宿「みずよう館」という設定で、猿渡慶太も暮し始めます。

 

キャスト

九鬼玲子(くき れいこ)役:松岡茉優

猿渡慶太(さるわたり けいた)役:三浦春馬

カネ恋の家のロケ地は鎌倉の海近くにあるシェアハウス!

出典:https://safaribcompany.net/

 

ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」で、九鬼玲子の実家のロケ地は『甘夏民家』です。

ドラマでは玲子の家は民宿「みずよう館」という設定です。

 

甘夏民家は築80年以上にもなる古民家を利用したシェアハウスです。

ドラマ「カネ恋」のように民宿ではありませんが、人々が寝泊まりする場所を提供するという点では同じですね。

 

古民家をシェアハウスにしたのは、甘夏民家の大家さんである横山さんが日本の歴史ある古民家を残し、次の時代に引継ぎたいという強い気持ちからだったそうです。

 

横山さんが古民家を購入したのは2014年だったそうで、シェアハウスをオープンさせたのは2016年

鎌倉で古民家のシェアハウスをオープンさせたのは、もともと横山さん夫妻はいずれ鎌倉に住みたいと考えていたからなのだそう。

 

横山夫妻は当初は自宅兼カフェで鎌倉の古民家を利用する予定だったそうですが、資金面などの関係で予定を変更し、シェアハウスとして古民家を残すことに辿り着いたのだとか。

 

古民家には横山さん夫妻も暮らしていて、古民家に住む人々が心地よく暮らせるようにリノベーションしたそうですよ。

 

甘夏民家のシェアハウスは8室あるそうですが、今のところ満室です。

空室がでるとフェイスブックなどで応募をしているようですね。

 

じつは、甘夏民家にはカフェが併設されていて、カフェも大人気です。

 

甘夏民家とカフェはおカネの損得を考えずに、横山夫妻が愛情をたくさん注いでいるそうですので、カネ恋の九鬼玲子と共通するところがあるようです。

 

甘夏民家はテレビで度々紹介されていますが、ドラマのロケ地になるのは恐らく初になると思います。

 

 



 

甘夏民家の場所

甘夏民家の場所

住所:神奈川県鎌倉市長谷

 

アクセス

  • 江ノ電・長谷駅より徒歩約5分
  • 横須賀線・鎌倉駅より徒歩約18分

 

甘夏民家には、カフェ「雨ニモマケズ」が併設されています。

 

甘夏民家の近くには「由比ヶ浜」という海岸が近くにあります。

カネ恋で松岡茉優さんと三浦春馬さんが海の近くで話しているシーンがありますが、その海は由比ケ浜ではありません。

 

海のシーンのロケ地は「稲村ケ崎公園」のようですね。

 

海のロケ地は稲村ケ崎公園

松岡茉優さんと三浦春馬さんが話をしている海のシーンのロケ地は稲村ケ崎公園です。

 

 

 

稲村ケ崎公園は稲村ケ崎駅から徒歩約7分の場所にあります。

稲村ケ崎駅は甘夏民家がある長谷駅の2つ先の駅なんですよ。

 

住所:神奈川県鎌倉市稲村地区(稲村ケ崎公園)

 

 



 

 

まとめ

こちらでは、ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」の玲子の実家のロケ地を紹介しました。

お伝えしたことを簡単にまとめますね。

 

玲子の実家のロケ地まとめ

・玲子の実家のロケ地は甘夏民家

・甘夏民家はカフェ「雨ニモマケズ」が併設している

・甘夏民家は昭和13年に建てられ、築80年以上の古民家

 

甘夏民家の名前の由来は庭に甘夏の木があるからのようですよ。

おすすめの記事