神様のカルテで本庄病院のモデルになった病院を紹介します。

小説「神様のカルテ」がドラマ化され、主人公の栗原一止を福士蒼汰さんが演じます。

 

ですので、栗原一止が務める病院のモデルがどこなのかな?って、気になってしまいますよね。

今回は「神様のカルテ」でモデルになった病院をお伝えします。

 

じつは、「神様のカルテ」は櫻井翔さん主演の映画になったこともあり、映画ではモデルの病院がロケ地にもなっているんですよ。

こちらでは、モデルになった病院の場所もあわせて紹介しますね。

神様のカルテ本庄病院のモデル病院はどこ?原作者が勤務した相澤病院?

 

本庄病院(ほんじょう びょういん)のモデル病院はどこ?

・相澤病院(あいざわ びょういん)

 

相澤病院の場所はどこ?

・長野県松本市本庄

 

神様のカルテで本庄病院のモデルは相澤病院!

夏川草介さんの小説「神様のカルテ」がドラマ化され、福士蒼汰さんが主人公の栗原一止を演じます。

放送は2021年1月からです。

 

栗原一止は信濃医学部を卒業した内科医。

栗原一止が勤務する病院は信州にある、本庄病院(ほんじょう びょういん)です。

 

本庄病院は365日24時間いつでも患者を受け入れ、緊急診療もおこなっている病院です。

 

本庄病院のモデルになっているのは、同じく信州にあり、365日いつでも患者を受け入れている相澤病院です。

 

相澤病院は長野県松本市本庄にありますので、「神様のカルテ」では病院名を本庄病院にしたようですね。

 

 




 

相澤病院はスピードスケートの小平奈緒の所属先

長野県松本市にある相澤病院って、どこかで聞いたことのある病院名だと思いませんか。

 

じつは、相澤病院はスピードスケートで金メダルを獲得した小平奈緒さんが所属している病院なんです。

スピードスケートの選手が病院に所属していたので、驚いた方も多かったのではないでしょうか。

 

小平奈緒さんは信州大学の在学中に内定をもらっていた会社があったのですが、不景気が影響したようで内定が取り消しになってしまったそうです。

 

それで、相澤病院に所属することになり、相澤病院は小平奈緒さんが徹底的にスピードスケートに打ち込めるように環境を整えたのだとか。

 

 

 

じつは、相澤病院は倒産しそうになったこともあったそうで、相澤病院が立て直しに成功した実話がドラマ化されたそうですよ。

 

ちなみにですが、ドラマのタイトルは「病院治し方~ドクター有原の挑戦」。

主演は小泉幸太郎さんです。

 

 




 

神様のカルテのモデルになった相澤病院は原作者の医師が勤務した場所!

「神様のカルテ」のモデルになった相澤病院は、「神様のカルテ」の著者の夏川草介さんが勤務していた病院です。

 

夏川草介(なつかわ そうすけ)さんは内科医で、「神様のカルテ」の執筆を始めた当時は相澤病院に勤務していたようですね。

現在は相澤病院の医師紹介に記載されていなかったので、他の病院に勤務していると思います。

 

夏川草介さんのプロフィールを確認すると、長野県で地域医療に従事となっていますので、今でも医師をされているようですね。

 

神様のカルテの主人公・栗原一止のモデルは、夏川草介さん自身かもしれませんね。

というのは、栗原一止は信大学卒で内科医。

夏川草介さんは信大学卒で内科医です。

 

また、栗原一止も夏川草介さんも頭痛持ちなんですよ。

 

全てが夏川草介さんと同じというわけではありませんが、小説の執筆は夏川草介さんの心のバランスを取るために始めたようですので、ご自身の経験やプロフィールを参考にしているのかもしれません。

 

 




 

神様のカルテのモデルになった相澤病院はロケ地にもなっていた?

夏川草介さんの小説「神様のカルテ」がドラマ化され、2021年1月から放送されますが、じつは映画にもなっているんですよ。

映画「神様のカルテ」で主人公の栗原一止を演じたのは桜井翔さんです。

 

映画の撮影は長野県松本市で行われたそうで、栗原一止が務める本庄病院のロケ地は病院のモデルになっている相澤病院だそうです。

 

2021年1月から放送される福士蒼汰さん主演のドラマ「神様のカルテ」で、病院がロケ地として利用されているのかは今のところ不明です。

 

ドラマでも病院がロケ地になっているか分かりましたら追記しますね。

 

それでは、相澤病院の場所をお伝えします。

 

相澤病院の場所

<住所>
長野県松本市本庄2-5-1
(社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院)

 

<アクセス>

  • JR中央線・松本駅よりタクシーで約5分
  • JR中央線・松本駅より徒歩約20分

 

 




 

 

 

まとめ

こちらでは、小説「神様のカルテ」のモデルの病院についてお伝えしました。

 

小説「神様のカルテ」の著書は夏川草介さんでしたね。

「神様のカルテ」で主人公の栗原一止が勤務する病院は信州にある本庄病院。

 

本庄病院のモデルになっているのは、同じく信州にある相澤病院です。

 

相澤病院は小説が原作になっている映画「神様のカルテ」では、栗原一止が務める病院のロケ地としても利用されいました。

 

2021年1月から放送されるドラマ「神様のカルテ」の病院のロケ地がどこになるのか不明ですが、分かりましたら紹介しますね。

おすすめの記事