ドラマ「私たちはどうかしている」で七桜(なお)の父親が誰か?について、お伝えします。

花岡七桜の本名は大倉七桜です。

椿が子供の頃に「さくら」と呼んでいた女の子です。

ドラマ「私たちはどうかしている」では、七桜の母親の百合子は光月庵で住み込みで働き始めた頃から、シングルマザーでした。

ですので、七桜の父親が誰?と気になった人も多いのではないでしょうか。

こちらでは、ドラマ「わたどう」で七桜の父親が誰なのか?について、詳しくお伝えしていきます。

わたどう七桜(なお)の父親は誰?椿との関係は兄妹?

出典:https://twitter.com/watadou_ntv

 

ドラマ「わたどう」で七桜の父親は誰か?について、結論からお伝えします。

七桜の父親は椿の父親である高月樹です。

 

椿の父親と七桜の母親の関係について、詳しくお伝えしていきますね。

まだ、ドラマ「私たちはどうかしている」では、七桜の父親が誰かは不明です。

 

ですので、こちらでは原作の漫画「私たちはどうかしている」をもとに、七桜の父親について詳しくお伝えしていきます。

 

ここからは、ドラマ「私たちはどうかしている」の最終章までのネタバレになる可能性があります。

七桜の父親が誰なのか?をお伝えすると、椿の母親や父親が誰なのかについてもお伝えすることになります。

 

ですので、「椿の母親や父親が誰か」、などドラマの内容を詳しく知りたくない方は十分ご注意ください。

 

 



 

わたどう七桜(なお)の父親は椿の父親の樹!

ドラマ「私たちはどうかしている」1話で、七桜の母親である大倉百合子は、光月庵で住み込みで働き始めました。

七桜は大倉百合子の娘ですので、必然的に光月庵で母親と一緒に暮し始めます。

 

しかし、そこには大倉百合子の夫はいません。

大倉百合子はシングルマザーで七桜を育てていました。

 

ですので、ドラマ「私たちはどうかしている」を観て、七桜の父親は誰なのだろう?

 

と、気になってしまった方も多いのではないでしょうか?

 

七桜の父親は、なんと椿の父親である高月樹です。

 

高月樹と七桜の母親の百合子の関係は、最終的には不倫になってしまいました。

ですが、椿の父親の樹と七桜の母親の百合子は中学校の同級生なんです。

 

2人は高月樹が結婚する前から付き合っていたのですが、高月家は名家ですので椿の父親である樹が年頃になると、高月家にふさわしい嫁を大旦那の宗寿郎が決めてしまったのです。

 

宗寿郎が決めた結婚相手が今の光月庵の女将である今日子です。

 

椿の父親は宗寿郎が決めた今日子と結婚はしましたが、百合子との交際も続け、結果的に百合子とは不倫になってしまったのです。

 

椿の父親と七桜の母親は不倫になってしまいましたが、それでもいつか結婚したいと考えていました。

そして、椿の父親と七桜の母親が愛しあって生まれたのが、七桜です。

 

七桜の母親は、DNA父子鑑定をしています。

七桜と椿の父親である樹が七桜の父親である確率は99.9%でした。

ですので、七桜は樹の娘ということになります。

 

七桜の母親は七桜と暮らしてた光月庵の押し入れの天井に、DNA父子鑑定報告書を隠していました。

そして、七桜が光月庵の血を継ぐ娘だという証明証を七桜にいつか渡すつもりでした。

 

ここで気になるのは

・七桜の母親が光月庵で働き始めたのは偶然か?

・椿と七桜は兄弟か?

では、ありませんか。

 

まず、七桜の母親は偶然に光月庵に来たわけではありません。

椿の父親である樹に雇われてきたのです。

 

では、椿とは兄妹なのでしょうか。

 

 



 

わたどう七桜(なお)と椿の関係は兄妹?父親は同じなの?

椿と七桜が兄妹か?についても結論からお伝えしますね。

椿と七桜は兄妹ではありません。

 

じつは、椿の父親は高月樹ではありません。

椿の母親である今日子が不倫をして生まれた子供です。

 

椿の母親である今日子が不倫をした相手は、多喜川薫の父親です。

ですので、椿の父親は多喜川薫の父親。

 

七桜の父親は、高月樹。

七桜の母親は大倉百合子です。

 

ですので、椿と七桜は父母とも違いますので、兄妹ではありません。

ちなみにですが、椿と七桜は同い年です。

(樹が殺害されいたときの椿と七桜の年齢は6歳です。)

 

ですので、椿は光月庵との血のつながりは全くなく、光月庵の血をついでいるのは七桜です。

ドラマ「私たちはどうかしている」では大旦那が、椿に『さくらはまだ見つからないのか』と何度か聞いています。

 

大旦那は椿が「さくら」と呼んでいた女の子こそが、光月庵の血をつぐ人間だと気づいているんです。

高月樹が交際していた相手のことは、知らないので七桜の母親が光月庵で働き始めたときは気づかなかったのですが、その後に高月樹に子供がいたことに気づきます。

 

ですので、大旦那は血のつながりがのない椿ではなく、さくらに光月庵を継がせたいと望んでいるので、さくらを探しているんです。

 

わたどう(ドラマ)の原作は「まんが王国」で読めます

ドラマ「わたどう」」の原作は漫画「私たちはどうかしている」です。

原作の漫画を読むならスマホやタブレットで読める漫画配信サービスが便利ですよ。

 

こちらで紹介する漫画配信サービスは「まんが王国」です。

「まんが王国」は国内最大級で、13年も続いてる漫画配信サービスです。

 

まんが王国の登録は、料金がかかならい無料登録と有料登録があり、無料登録でも無料でたくさん試し読みができますよ。

今なら「まんが王国」に登録しなくても、漫画「私たちがどうかしている」1巻を無料で試し読みができます。

2巻は「まんが王国」に登録すると無料で試し読みができます。

 

まんが王国の料金は、月額制ポイント制の2種類があり、月額制は300円(税抜き)~です。

 

まんが王国の特徴

・試し読みが3000作品以上

・日替わり1巻無料漫画あり

・期間限定3巻無料あり

・無料会員でも無料で読める漫画多数

・毎日来店するとポイントが貯まる

・無料会員に登録すると初回半額クーポンがもらえる

 

漫画とドラマのストーリーがどれくらい似ているか、チェックしてみるのもオススメです。

 

 

 

 

ドラマ「私たちはどうかしている」七桜の父親まとめ

こちらでは、ドラマ「私たちはどうかしている」の七桜の父親が誰か?について紹介しました。

お伝えした内容を簡単にまとめますね。

 

七桜の父親まとめ

・七桜の父親は高月樹。母親は大倉百合子。

・椿の父親は多喜川薫の父親。母親は高月今日子。

・椿と七桜は兄妹ではない。

・椿は光月庵の血をついでいない。

・七桜は光月庵の血をついでいるので跡継ぎの権利がある。

・大旦那はさくらを探している。

 

原作の漫画は、まだ完結していません。

個人的には椿と七桜の血がつながっていないのなら、最後には2人が結婚して幸せになってほしいと思っています。

おすすめの記事