わたどう(ドラマ)多喜川の正体は何者なの?と気になっている人は多いのではないでしょうか。

こちらでは、漫画をもとにドラマ「私たちはどうかしている」に登場する多喜川薫(たきがわ・かおる)の正体は何者なのかについて、お伝えします。

多喜川薫はドラマ「わたどう」の主人公・椿と七桜の2人とも、とても深く関わっています。

多喜川薫と椿や七桜との関係についても、詳しくお伝えしていきますね。

こちらでは、漫画やドラマの「私たちはどうかしている」の詳細なネタバレを含みますので十分ご注意ください。

わたどう(ドラマ)多喜川薫の正体は何者なの?目的は何?

出典:https://twitter.com/watadou_ntv

 

多喜川薫の正体は何者?

  • 多喜川薫が七桜に手紙を渡した時の年齢32歳
  • 武六会のメンバー
  • 名家の息子
  • 母親は日舞の師範(死亡)
  • 父親は地主(病死)
  • 父親は光月庵の女将と不倫関係にあった

 

武六会のメンバー

  • 光月庵
  • 白藤屋
  • 芥田流
  • みどり川
  • 長谷川
  • 多喜川

 

*武六会は由緒ある老舗6店が参加する会です。

 

多喜川薫の目的

  • 七桜に手紙を渡す
  • 椿の母親を光月庵から追い出す

 

 

これからお伝えする内容は、原作の漫画「私たちはどうかしている」をもとに、お伝えします。

漫画とドラマでは詳細は異なる可能性がありますが、大まかな内容は変わらないと思います。

 

ですので、原作の漫画「私たちはどうかしている」をもとに、多喜川の正体、椿、七桜との関係をお伝えしていきます。

 

多喜川の正体をお伝えすると、椿、七桜、椿の父、椿の母、七桜の母親の詳細な内容もネタバレになり、最終章までのネタバレになる可能性もあります。

詳しくしりたくない場合は十分ご注意ください。

 

 



 

わたどう(ドラマ)多喜川の正体は?七桜の味方なの?

多喜川薫と七桜が初めて出会ったのは、七桜が和菓子屋をクビになったときでした。

行くあてもなく七桜が歩いていると、多喜川薫が突然あらわれ、「やっと会えましたね。七桜さん」と声をかけ、七桜に七桜の母親からの手紙を渡します。

 

そして、七桜が光月庵で暮らすようになると、七桜が光月庵に居られるように多喜川薫が裏で手を回し、七桜を陰から支える優しい人物のようにみえます。

 

しかし、じつは七桜が働いていた和菓子屋に七桜の母親の過去を暴露し、七桜がそこで働けなくなるように仕向けたのは、多喜川薫なんです。

 

七桜がクビにされるようなことをしたり、光月庵で暮らすように仕向けたり、

 

いったい多喜川薫は何者なの?

何が目的なの?

 

と気になってしまいますよね。

じつは、多喜川薫の目的は2つありました。

 

1つめの目的は、七桜の母親との約束を果たすためです。

多喜川薫は七桜の母親が作る和菓子が大好きで、七桜の母親と話す機会がありました。

 

それで、七桜の母親は七桜が20歳になったら手紙を渡してほしいと多喜川薫に頼み、多喜川薫はその手紙を七桜に渡すために七桜を探していたのです。

 

もう1つの目的は、光月庵に復讐がしたかったのです。

多喜川薫が光月庵に復讐がしたい理由は、椿の母親に多喜川薫の家庭をメチャクチャにされたからです。

 

多喜川家をメチャクチャにされた理由は、椿との関係でお伝えしますね。

 

 



 

わたどう(ドラマ)多喜川の正体は?椿とは異母兄弟だった!

多喜川薫の家庭がメチャクチャになってしまったのは、多喜川薫の父親が不倫をしたからです。

多喜川薫の父親が不倫をした相手は、椿の母親の今日子です。

 

多喜川薫の父親が今日子と不倫をしたせいで、多喜川薫の母親は精神的に病んでしまったのです。

それで、多喜川薫は七桜を利用して、今日子に復讐をしようとしているのです。

 

多喜川薫は今日子が不倫をしたあとも女将として普通に暮らしていたのが許せませんでした。

そんな今日子を光月庵から追い出したくて、多喜川薫は七桜に光月庵を継がようとしていたのです。

 

しかも、今日子は多喜川薫の父親との間に授かった子供を高月家の跡取りとして育て上げてしまったのです。

 

今日子の夫である高月樹は、そのことを知らなかったのか?と気になりますが、高月樹は椿が実の子供でないことは知っていました。

 

樹はそのことを承知の上で、椿を息子として接してたのです。

 

多喜川薫の父親が今日子と不倫をして生まれた椿は、多喜川薫にとっては異母になりますが、実の弟になります。

 

ドラマ「私たちはどうかしている」は、人間関係がドロドロのストーリーです。

まだ、これからドロドロがいっぱいありますよ。

 

わたどう漫画を読むなら「まんが王国」が便利!

漫画「私たちはどうかしている」は、まだ完結していません。

ですので、ドラマの結末はドラマのオリジナルになると思います。

 

ですが、大まかなストーリーは漫画と同じようなストーリーになると思いますので、早くドラマの先が知りたい場合は漫画を読んでみてはいかかですか。

 

今のところ、ドラマは漫画と同じストーリです。

 

漫画を読むならスマホやタブレットで読める漫画配信サービスが便利ですよ。

まんが王国は国内最大級で、13年も続いてる漫画配信サービスです。

 

まんが王国の登録は、料金がかかならい無料登録と有料登録があり、無料登録でも無料でたくさん試し読みができますよ。

今なら「まんが王国」に登録しなくても、漫画「私たちがどうかしている」1巻を無料で試し読みができますよ。

2巻は「まんが王国」に登録すると無料で試し読みができます。

 

まんが王国の料金は、月額制ポイント制の2種類があり、月額制は300円(税抜き)~です。

 

まんが王国の特徴

・試し読みが3000作品以上

・日替わり1巻無料漫画あり

・期間限定3巻無料あり

・無料会員でも無料で読める漫画多数

・毎日来店するとポイントが貯まる

・無料会員に登録すると初回半額クーポンがもらえる

 

 

どれくらいドラマと漫画のストーリーがどれくらい似ているか、チェックしてみてはいかかですか。

 

 

 

 

ドラマ「私たちはどうかしている」喜多川薫の正体まとめ

こちらではドラマ「私たちはどうかしている」の多喜川薫の正体が何者かについて、お伝えしてきました。

紹介したことを簡単にまとめますね。

 

ドラマ「わたどう」の多喜川薫の正体が何者か?

・多喜川薫の父親は椿の母親と不倫関係だった

・椿は多喜川薫の異母兄弟

・今日子を光月庵から追い出すために七桜を利用

 

七桜 役を演じる浜辺美波さんは、「私たちはどうかしている」のキャラクターで1番のお気に入りは、多喜川薫だそうですよ。

 

おすすめの記事