キワドい2人の蕎麦屋のロケ地を紹介します。

ドラマ「キワドい2人-K2-」で神崎隆一の父親は蕎麦屋(そばや)を営んでいます。

父親の神崎賢造が営んでいる店のロケ地が気になりませんか?

こちらでは、神崎隆一の父親が営んでいる「おやじのそば」のロケ地を紹介します。

キワドい2人の蕎麦屋のロケ地はどこ?

 

キワドい2人の蕎麦屋のロケ地

・千葉県君津市にある蕎麦屋「九拾九坊(くじゅうくぼう)」

 

*神崎隆一の父親の店は信州にある設定で、店名は「おやじのそば」です。

 

キワドい2人の蕎麦屋のロケ地は千葉の九拾九坊!

出典:https://www.instagram.com/kiwadoik2_tbs

 

ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木」で、神崎隆一と黒木賢司は異母兄弟です。

2人の父親である神崎賢造が営んでいる蕎麦屋の店名は「おやじそば」

 

「おやじそば」のロケ地は千葉県木更津市にある蕎麦屋「九拾九坊(くじゅうくぼう)」です。

 

九拾九坊は手打ちそばで有名な店で、情報バラエティ番組「アド街ック天国」に登場したこともある名店です。

 

店主はもともとは蕎麦屋ではなく中華料理の店を営んでいたそうですが、中華料理店を息子さんに譲って蕎麦の修行を群馬でしたあとに、今の店をオープンさせたそうですよ。

九拾九坊で特に人気の蕎麦メニューは、店先の井戸水を使った「水そば」や千葉県産の穴子を揚げた「穴子せいろ」だそうです。

 

 

九拾九坊は蕎麦の人気はもちろんなですが、店の雰囲気も評判なんですよ。

店の建物は江戸時代に建てられた200年以上も前の古民家を改装したものだそうですよ。

 

店の敷地にある庭は風情があり、そこで井戸水を飲むこともできるのだとか。

 

ドラマで登場する「おやじそば」で店先にあるタヌキの置物は、ロケ地になっている九拾九坊に実際にあるものです。

 

 



 

九拾九坊の場所

住所:千葉県君津市内箕輪1-14-30

アクセス
館山自動車道・君津ICより車で約5分
君津駅より約3370m(内みのわ運動公園近く)

 

九拾九坊は山田涼介さん主演の2016年に放送された月9ドラマ「カインとアベル」1話でも蕎麦屋のロケ地として利用されているんですよ。

 

キワドい2人の蕎麦は販売してるの?

ドラマ「キワドい2人-K2-」で登場する『おやじそば』の蕎麦をネット販売しているのか?って、気になりませんか。

 

結論からお伝えすると、ロケ地になっている「九拾九坊」のものは販売していません。

 

ですが、「おやじそば」と久路保山荘がコラボした商品は販売しています。

 

コラボ商品の蕎麦には、いけブクロー(けいちゃん)が神崎と黒木に扮しているステッカーが特典で付いているそうですよ。

 

蕎麦は「TBS ishop」で購入できます。

 

 



 

 

まとめ

こちらでは、ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木」に登場する蕎麦屋のロケ地を紹介しました。

 

ドラマに登場する蕎麦屋は神崎と黒木の父親が営んでいる「おやじのそば」でしたね。

 

「おやじのそば」のロケ地は千葉県君津市にある手打ちそばで人気の「九拾九坊」でした。

 

九拾九坊は山田涼介さん主演の2016年に放送されたドラマ「カインとアベル」1話でもロケ地として利用されています。

 

山田涼介さんと九拾九坊の意外なつながりもありました。

おすすめの記事