キワドい2人(ドラマ)の犯人の子供が誰か?について考察します。

ドラマ3話のラストで神崎隆一と黒木賢司が異母兄弟ではないことが発覚しました。

神崎隆一と黒木賢司のどっちかが、22年前の立てこもり事件の犯人の子供になるようです。

犯人の子供は神崎隆一と黒木賢司のどっちなのでしょうか?

こちらでは、原作小説のストーリーを参考にして、ドラマで犯人の子供が誰になるのか考察していきます。

キワドい2人(ドラマ)犯人の子供は誰?

 

犯人の子供は誰?

・神崎隆一

 

以降は、神崎隆一が犯人の息子である理由を考察していきますので、ドラマと原作漫画のネタバレになるような詳細な内容が含まれます。

ドラマや原作小説の詳細な内容を知りたくない場合は十分ご注意ください。

キワドい2人(ドラマ)で犯人の子供は神崎隆一!

ドラマ「キワドい2人」3話で神崎隆一と黒木賢司が異母兄弟ではないことが発覚しました。

 

神崎隆一と黒木賢司は22年前の立てこもり事件に巻き込まれていて、どちらか1人は警察官の息子。

もう1人は立てこもり犯の息子です。

 

神崎隆一と黒木賢司のどっちが犯人の子供か気になると思いますので、結論からお伝えしますね。

個人的な判断ではありますが、犯人の子供は神崎隆一です。

 

神崎隆一が犯人の子供だと考える理由にはいくつかあります。

つぎは、その理由について詳しくお伝えしていきますね。

 

 




 

原作小説は犯人の子供は少女だった

ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木」には原作小説があります。

原作小説でも22年前に立てこもり事件が起こるのですが、神崎隆一は事件に巻き込まれていません。

 

事件に巻き込まれているのは、立てこもり犯の実の幼い娘黒木賢司です。

じつは、原作小説では幼い男の子はいないんです。

 

立てこもり犯の娘の年齢は、ドラマで立てこもり事件に巻き込まれた神崎隆一と同じくらいです。

ですので、立てこもり犯の子供は神崎隆一と思われます。

 

神崎隆一が4歳より前の記憶がない理由については次でお伝えしますね。

 

原作小説とドラマの違いについては下記の記事でまとめています。

キワドい2人ドラマと原作の違いをネタバレ!異母兄弟はオリジナルです!

 

 

 




 

立てこもり事件で子供が警官をかばっている

ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木」3話のラストで立てこもり事件の内容が分かり、神崎隆一と黒木賢司が異母兄弟ではないことが発覚しました。

 

立てこもり事件は総括係長の末永光一が情報を探し出し、詳しく調べ始めています。

ドラマ3話では立てこもり事件のことが書かれている新聞などの記事があり、その情報を確認すると、犯人の発砲から警察官をかばった子供がいることが分かりました

 

その子供は警察官をかばった時に頭を強く打ってしまったようで、事件前の記憶が思い出せなくなってしまいます。

4歳の頃から記憶がないのは、ドラマのセリフで何度も言っている神崎隆一です。

 

そして、神崎隆一がかばったのが父親なら雑誌などで記載されるときは「警察官をかばった」ではなく、「父親をかばった」となるのではないかと考えてします。

 

ですので、個人的には警察官は神崎隆一の父親ではないと思っています。

 

 




 

黒木賢司の名前には父親と同じ漢字がある

じつは、個人的にはドラマ「キワドい2人」1話を見たときから、神崎隆一と黒木賢司は異母兄弟ではないような気がしていました。

 

ドラマ1話を見たときは原作小説の内容を知っていたので、異母兄弟となってしまうと話が全く変わってしまいます。

ですので、ドラマでも異母兄弟の設定が覆るのではないかと考えいていました。

 

その頃から父親が違うとなると、どっちが神崎賢造の本当の息子なのかと考えていました。

その時に気づいたのが、黒木司と父親の神崎造は同じ漢字が入っているということです。

 

子供に親の名前を一字入れることは、よくあることだと思いませんか。

 

ですので、黒木賢司が神崎賢造の息子だと考えています。

ちなみに原作小説で父親の名前は神崎造だったと記憶しています。

 

 

 

 




 

キワドい2人(ドラマ)犯人の子供まとめ

こちらでは、立てこもり犯の子供が誰か?について紹介しました。

お伝えしたことを簡単にまとめますね。

 

犯人の子供まとめ

・犯人の子供は神崎隆一

・神崎隆一は立てこもり事件のときに頭を打ち事件前の記憶を思い出せない

・黒木賢司は神崎賢造の息子(名前に同じ漢字が入っている)

 

黒木賢司が父親を恨んでいる理由は不明です。

黒木賢司が神崎隆一と一緒に暮し始めたのは、恐らくですが、神崎隆一を見守るためだと考えています。

原作小説では立てこもり犯の娘を黒木賢司がずっと見守っていました。

 

おすすめの記事