大倉忠義さん主演の日本ドラマ「知ってるワイフ」結婚式場のロケ地を紹介します。

教会のチャペルで幸せそうな結婚式を挙げているのは、大倉忠義さん演じる剣崎元春と広瀬アリスさん演じる剣崎澪。

 

大倉忠義さんと広瀬アリスさんの結婚式のシーンがとても素敵でしたよね。

チャペルのブルーのバージンロードも印象的でした。

 

それで、「知ってるワイフ」結婚式場のロケ地はどこ?と、撮影場所が気になった方も多いのではないでしょうか。

 

ですので、今回は大倉忠義さん主演のドラマ「知ってるワイフ」の結婚式場のロケ地を紹介します。

また、結婚式場の撮影場所と合わせて、ブルーのバージンロードの意味もお伝えしますね。

知ってるワイフ結婚式場のロケ地はどこ?撮影は横浜なの?

 

結婚式場のロケ地はどこ?

場所:結婚式場のアニヴェルセル ヒルズ横浜

住所:神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央

 

ドラマ「知ってるワイフ」は韓国版と日本版があります。

日本版は韓国ドラマのリメイクです。

 

今回、紹介してるのは大倉忠義さん主演の日本のドラマに登場する結婚式場のロケ地です。

 

 




 

知ってるワイフ結婚式場のロケ地はアニヴェルセル ヒルズ横浜!

大倉忠義さん主演のドラマ「知ってるワイフ」のポスターにもなっていた、広瀬アリスさんのウィディングドレス姿がとっても素敵でしたよね。

女性なら1度はウェディングドレス姿に憧れたことがあるのではないでしょうか。

 

ドラマで広瀬アリスさんがウェディングドレス姿を披露していたのは、広瀬アリスさんが演じる剣崎澪が結婚した当時の回想シーンを撮影するためでした。

2人の結婚式の写真が家にも飾られていましたね。

 

剣崎澪は結婚して5年目の主婦。

夫は大倉忠義さん演じる剣崎元春です。

 

剣崎元春と澪が結婚式を挙げたのは、チャペルで行うキリスト教式の結婚式

 

チャペルにはブルーのバージンロードがひかれていて、広瀬アリスさんのウェデングドレス姿を更に素敵に引き立せていましたよね。

 

 

 

チャペルのバージンロードと言えば、赤色が多くブルーは珍しいと思いませんか。

ですので、結婚式場のロケ地はどこなんだろう?って、気になりませんでしたか。

 

「知ってるワイフ」の結婚式場のロケ地は、アニヴェルセル ヒルズ横浜です。

 

 

 

じつは、アニヴェルセルは全国に13店舗もある結婚式場なんですよ。

 

アニヴェルセルは、東京に4店舗、埼玉に1店舗、千葉に1店舗、愛知に1店舗、大阪に2店舗、長野に1店舗、兵庫に1店舗。

そして、アニヴェルセル ヒルズ横浜のある神奈川には2店舗あり、全部で13店舗になります。

 

 




 

結婚式場のアニヴェルセル ヒルズ横浜の場所

<住所>
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央4-1

<アクセス>

  • 横浜市営地下鉄・センター南駅より徒歩約2分
  • 第三京浜・港北ICより車で約10分

 

じつはアニヴェルセルヒルズ横浜は、ドラマ「義母と娘のブルース5話」やドラマ「ラジエーションハウス1話」などのロケ地としても、利用されているんですよ。

ただ、どちらもドラマの撮影は結婚式場前を利用していたようで、チャペル内の撮影は行われていないようです。

 

結婚式場「アニヴェルセル ヒルズ横浜」バージンロードの意味について

ドラマ「知ってるワイフ」の結婚式シーンを撮影したのは、神奈川にある「アニヴェルセル ヒルズ横浜」です。

先ほど紹介しましたが、大倉忠義さんと広瀬アリスさんが結婚式の撮影をしたチャペルのバージンロードはブルーです。

 

チャペルのバージンロードがブルーなのは、アニヴェルセルの全店舗で共通しています。

バージンロードがブルーなのは珍しいので、ブルーにしている理由を調べてみました。

 

どうやら、ブルーのバージンロードには「永遠に続く愛」「真実の愛」というような意味があるからのようです。

また、ブルーのバージンロードは純白のウェディングドレスを引き立たせる色でもあるそうですよ。

 

ちなみにですが、よく見かける赤のバージンロードには「命を共に歩んでいく深い愛」という意味があるようです。

私は全く知らなかったのですが、バージンロードには青や赤だけではなく、なんと緑や白もあるそうですよ。

 

そもそもなのですが、バージンロードというのは魔除のような役割があり、バージンロードは花嫁の一生を現しているのだとか。

バージンロードは奥が深いアイテムだったのですね。

 

 




 

 

 

日本ドラマ「知ってるワイフ」結婚式場ロケ地まとめ

こちらでは、大倉忠義さん主演の日本ドラマ「知ってるワイフ」結婚式場のロケ地を紹介しました。

結婚式場のロケ地は「アニヴェルセル ヒルズ横浜」でしたね。

 

アニヴェルセルの店舗は全部で13店舗あり、バージンロードの色はブルーです。

ブルーのバージンロードの意味は「永遠の愛」や「真実の愛」でした。

 

「知ってるワイフ」の主人公・剣崎元春と澪もブルーのバージンロードを歩き永遠の愛を誓っています。

剣崎元春と澪が永遠の愛を取り戻せるるのでしょうか。

今後のドラマのストーリーも楽しみですね。

おすすめの記事