佐藤義朗アナの父親のアウトドア店はどこ?

父親が社長の店はニッピンなの?って気になりませんか。

 

佐藤義朗アナが日テレを退職したあとに、父親のアウトドア用品店の家業を継ぐと情報がながれたので、その店がどこにあるのか個人的にもすごく気になりました。

 

そこで、今回は佐藤義朗アナの父親が経営している会社であるアウトドアショップを調べてみました。

どうやら、佐藤義朗アナの実家が経営していたアウトドア用品店「ニッピン」の社長は祖父で、父親が経営している店は他にあるようです。

 

その店も見当がつきましたよ。

 




 

佐藤義朗アナの実家はアウトドア店のニッピンを経営!社長は父親?

 

佐藤義朗アナの父親が経営しているアウトドア用品店がどこなのか個人的にすごく気になったので、検索してみたら全く情報がなくてビックリしました。

 

それで、自分で佐藤義朗アナの父親のアウトドア用品店を徹底的に調べてみることにしました。

検索して分かったことは佐藤義朗アナの実家がアウトドア用品店を経営していたということです。

 

そのアウトドア用品店の店名は店名はニッピンです。

実家が経営していたとなれば、ここが佐藤義朗アナの父親が経営する店だと思ったのですが、結論から言うとニッピンは佐藤義朗アナの父親が経営しているアウトドア用品店ではありません。

 

恐らく、佐藤義朗アナの祖父が経営していた店で、父親は跡継ぎとして店で勤務していたのだと思います。

 

ニッピンが佐藤義朗アナの実家が経営してる店であっても、父親が経営していない理由で分かりやすいものをまとめると2つあります。

 

ニッピンを父親が経営していない理由は

・ニッピンの社長は佐藤義朗アナの祖父の可能性が高い

・ニッピンは閉店していて現在は店がない

上記2つです。

 

それでは、ニッピンが佐藤義朗アナの父親が経営の店ではない理由について、詳しくお伝えしますね。

 




 

佐藤義朗アナの実家が経営のアウトドア店ニッピンの社長は誰?

佐藤義朗アナの実家が経営していたアウトドア用品店の店名はニッピンでしたね。

ニッピンの社長が誰なのかを調べてみると、代表者は佐藤友行さんでした。

 

佐藤友行さんが佐藤義朗アナの父親なのかと最初は思っていたのですが、どうやら佐藤友行さんは父親ではありません。

 

その理由で最も分かりやすいのは、ニッピンは2020年に店を閉店してしまって現在は店がないんです。

佐藤義朗アナは家業を継ぐために日テレを退社したとのことなので、店舗がないとなると話があいません。

 

そして、もう1つ分かりやすい理由としては、ニッピンが開業した年です。

ニッピンが開業したのは1951年でしたので、2020年に閉店したときは店を69年続けていたことになります。

 

ですが、ニッピンが閉店した2020年の佐藤義朗アナの年齢は、誕生日が1985年11月11日ですので35歳でした。

35歳の息子の父親が69年も店を続けていたとなると父親の年齢がいくつなのかって気になってしまいますよね。

 

そこで単純な計算ですが、ニッピンの社長が20歳で店を開業したと仮定して、2020年の年齢を計算してみました。

ニッピンが開業した年が1951年でしたのでニッピンの社長が生まれた年は1931年となりますので、2020年の年齢は89歳になります。

 

佐藤義朗アナの年齢とニッピンの社長の年齢差は仮の計算とはいえ、54歳差です。

もちろん、跡継ぎ問題などで養子縁組したと考えれば、親子で54歳差の年齢はありえますし、最近は年齢に関係なく子育てを楽しんでいます。

 

ですので、54歳差でも問題はないのですが、すでにニッピンが閉店してしまっていることやニッピンの社長と佐藤義朗アナの年齢差を考えると、ニッピンの代表者である佐藤友行さんは佐藤義朗アナの父親ではありません。

 

ニッピンの代表者である佐藤友行さんは、恐らく佐藤義朗さんの祖父になると思います。

そう考えると、年齢差もしっくりくるような気がしませんか。

 

そして、佐藤義朗アナの父親は跡継ぎとして、ニッピンに勤務していたのだと思います。

 




 

佐藤義朗アナの実家が経営してたアウトドア用品店ニッピンの閉店理由は?

佐藤義朗アナの実家が経営していたアウトドア用品店ニッピンは、全盛期には3店舗あったようです。

今、検索して分かるのは2店舗で、現在は2店舗とも閉店しています。

 

ニッピンの店舗は

・秋葉原本店(住所:東京都千代田区外神田3-11-11)
・神田店(住所:東京都千代田区神田小川町3-2)

 

ニッピンは69年続いた老舗のアウトドア用品店で、2店舗のうち先に閉店してしまったのは秋葉原本店で、2017年10月に閉店しました。

 

秋葉原本店が閉店した理由は店舗が入っていたビルが老朽化してしまったからなのだとか。

ニッピン秋葉原本店が入っていたビルは現在地上10階建てのビルを建設中で、2022年7月に完成するそうですよ。

 

一方、ニッピン神田店が閉店した理由は、不明です。

閉店したのが2020年3月でしたので、コロナの影響があったのかもしれませんね。

 

ただ、アウトドアグッズはコロナ渦でも人気がありましたので、もしコロナが影響していたのだとすると、アウトドアグッズをネット購入する人が増えて、来店する人が減っていたのかもしれません。

 




 

佐藤義朗アナの父親が経営してるアウトドア店の場所はどこ?

この投稿をInstagramで見る

 

Sportiva JAPAN(@lasportivajp)がシェアした投稿

*佐藤義朗アナの父親が経営してる可能性の高いLA SPORTIVA ONLINE SHOPに実店舗はありませんが、取扱店はたくさんあります。

 

結論からお伝えすると、佐藤義朗アナの父親が経営してるアウトドア用品店がどこなのか、特定することはできませんでした。

ですが、佐藤義朗アナの父親の店がどこなのか見当はつきました。

 

佐藤義朗アナの父親が経営するアウトドア用品店の店名はLA SPORTIVA ONLINE SHOP(ラ・スポルティバ オンラインショップ)の可能性がかなり高いです。

 

佐藤義朗アナの父親の経営する店である可能性が高い理由の1つは、佐藤義朗アナと名前が似ているからです。

 

そして、もう1つの理由は日本でいち早くスポルティバのシューズを販売していたのがニッピンなのですが、販売元がLA SPORTIVA ONLINE SHOPの運営会社と同じだからです。

 

LA SPORTIVA ONLINE SHOPはオンラインショップのみで現時点では実店舗はありません。

 

それでは、詳しくお伝えしていきますね。

 

追記:NEWSポストセブンでニッピンを佐藤義朗アナが立て直すのではないかという情報がありましたので、新たにニッピンの店を開業する可能性があります。

 




 

佐藤義朗アナの父親のアウトドア店はラ・スポルティバ オンラインショップ?

佐藤義朗アナの父親が経営している可能性が高いとお伝えいた店は、LA SPORTIVA ONLINE SHOP(ラ・スポルティバ オンラインショップ)でしたね。

 

このお店が佐藤義朗アナの父親が経営している可能性が高い理由は、店を運営している代表者の名前が佐藤義朗アナと似ているからです。

 

このお店の運営をしている会社はスポルティバジャパンです。

スポルティジャパンの代表者の名前は、佐藤義治さん。

 

なんと、佐藤義朗アナと名前が一文字違うだけなんです。

佐藤義ー佐藤義

 

もちろん偶然の可能性もあります。

佐藤義治さんの年齢も分からないので、全く関係がない可能性もゼロではありません。

 

ですが、じつはニッピンはアウトドア用品の店で、スポルティバのシューズを日本で初めて販売した店でもあるんです。

 

佐藤義朗アナの父親の会社はスポルティバジャパン?

ニッピンにはスポルティバの商品が豊富で、スポルティバの愛用者からニッピンはとても人気だったんですよ。

 

 

しかも、ニッピンで輸入販売していた会社がスポルティバジャパンであるということが、ツイッター情報にありました。

 

現在は、ニッピンが閉店してしまっているので、ニッピンで販売していたスポルティバの販売元を調べることができません。

ですが、ツイッター情報が正しいと仮定すると、LA SPORTIVA ONLINE SHOPの運営会社と同じでスポルティバジャパンだったことになります。

 

ちなみにですが、スポルティバジャパンの設立は2013年ですので、ニッピンが営業していたときに会社が設立されています。

 

ここまで情報がそろうと、佐藤義朗アナの父親が経営しているアウトドア用品店は、LA SPORTIVA ONLINE SHOPである可能性がかなり高いと思います。

 




 

佐藤義朗アナ父親のアウトドア店はどこ?ニッピンは実家が経営!まとめ

今回は佐藤義朗アナの父親のアウトドア店がどこかについてお伝えしてきました。

お伝えしたことを簡単にまとめますね。

 

佐藤義朗アナの父親の店は特定まではいきませんでしたが、恐らくLA SPORTIVA ONLINE SHOPです。

LA SPORTIVA ONLINE SHOPの運営会社はスポルティバジャパン。

 

スポルティバジャパンの代表者は佐藤義治さんで、佐藤義朗アナと一文字違いです。

そして、ニッピンでスポルティの商品の販売元がスポルティバジャパンとツイッターに情報がありました。

 

その情報から考えると、LA SPORTIVA ONLINE SHOPが佐藤義朗アナの父親のアウトドア用品店である可能性が非常に高いです。

 

残念ながら、LA SPORTIVA ONLINE SHOPは実店舗がありませんので、佐藤義朗アナが家業を継いでも店で会えることが少なそうです。

 

ですが、ニッピンのような実店舗を経営する日が来るかもしれませんね。

もし、実店舗ができたらその店で佐藤義朗アナ親子に会えるかもしれません。

 

家業を継ぐというのも大変な仕事ですが、ぜひ新たな道でも輝いてほしいですね。

 

追記:NEWSポストセブンでニッピンを佐藤義朗アナが立て直すのではないかという情報がありましたので、新たにニッピンの店を開業するかもしれません。

 




 

おすすめの記事