姉ちゃんの恋人4話で吉岡真人の過去が判明しました。

吉岡真人(よしおか まなと)の過去は傷害事件を起こしたようで、懲役2年の実刑判決を受けた前科があることです。

 

吉岡真人が犯罪を犯してしまった理由は、彼女が男に襲われているのを守るためでした。

ですので、本当なら犯罪にはならず、正当防衛でもよかった事件です。

しかし、彼女は事実を認めず、真人は懲役2年になっています。

 

個人的には、彼女が事実を認めなかった理由がとても気になりました。

ですので今回は、「姉ちゃんの恋人」4話で判明した吉岡真人の過去のネタバレと、彼女がウソをついた理由の考察をお伝えしますね。

姉ちゃんの恋人4話で分かった吉岡真人の過去とは?

 

<4話で分かった吉岡真人の過去>

真人(まなと)は彼女が男に襲われそうになるのを助け、懲役2年の実刑判決を受けていた。

死亡事件ではありません。

 

姉ちゃんの恋人4話の吉岡真人の過去をネタバレ!犯罪歴は彼女を助けるためだった!

ドラマ「姉ちゃんの恋人」4話では、日南子と桃子が配送部の悟志と真人を誘い、4人でバーベキューに行くことになりました。

 

吉岡真人は桃子に惹かれているので、バーベキューはすごく楽しみなのですが、自分がバーベキューに行っていいものか悩んでしました。

 

真人が悩んでいた理由は、真人の過去にありました。

吉岡真人は過去に傷害事件で有罪になり、懲役2年の実刑判決を受けた前科があったのです。

 

傷害事件が起きたのは、吉岡真人がサラリーマンだったころで、その頃は「かおり」という彼女がいました。

事件が起きたのは、吉岡真人が彼女のかおりとデートして道を歩いてるときのことでした。

 

 

 

 

真人と彼女が腕を組んで歩いたのですが、道ですれ違うときに2人組の男の肩に吉岡真人の肩がぶつかってしまいました。

 

すると男が突然、吉岡真人のお腹を殴り、彼女を路地に連れて行きレイプをしようとしていたのです。

吉岡真人は彼女が襲われるのを何としても食い止めようと、近くにあった棒で男2人を殴り警察沙汰になってしまうことに。

男たちは死亡していません。

 

しかし、警察に連行された吉岡真人は、取り調べ室で自分の耳を疑うことになります。

吉岡真人は彼女を守るために男を殴っているのに、彼女は男に襲われていないと証言していたのです。

 

彼女が襲われたと事実を証言していれば、正当防衛にる可能性のあった事件です。

ですが、真人はその事件で懲役2年の実刑判決を受けることになりました。

 

彼女が事実を話していたら、吉岡真人が犯罪者にならなくても済んだかもしれません。

それなのに、彼女は何で事実を話さなかったのでしょうか?

彼女がウソをついた理由を考察してみました。

 

 

↓↓FOD PREMIUNの公式サイトをみる↓↓

 

注意:本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信情報はFOD PREMIUMサイトにてご確認ください。

 

 

姉ちゃんの恋人4話で真人の過去の事件で彼女がウソをついた理由を考察!

ドラマ「姉ちゃんの恋人」4話で、吉岡真人の過去の秘密が判明しましたね。

吉岡真人の過去の秘密は、傷害事件で懲役2年の実刑判決を受けていたことでしたね。

 

ですが、彼女が事件になった理由を正直に話していれば、吉岡真人は正当防衛が認められたかもしれせん。

少なくても、刑は軽くなっていたのではないでしょうか。

 

吉岡真人が自分を守るために男たちを殴ったのにもかかわらず、彼女はどうして事件の真相を話さなかったのでしょうか。

 

吉岡真人にとっては、彼女の証言は裏切りにもとれたのではないでしょうか。

彼女が事実を話さず、ウソをついた理由がとても気になったので、考察してみました。

 

個人的に考えた彼女がウソをついた理由は下記3つです。

 

1.彼女が仕組んだもの

2.男たちの復讐が怖かった

3.レイプされそうになった事件を忘れたい

 

3つの理由について詳しくお伝えしますね。

個人的には、3が最も可能性があると考えています。

 

 




 

彼女が仕組んだもの

彼女が証言でウソをついた理由として考えられるのは、彼女が事件を仕組んだのではないかというものです。

しかし、ドラマ4話をしっかり見てみると、本当に偶然に男がぶつかっているようで、彼女も想定していなかった出来事のようですした。

ですので、彼女が仕組んだものではないと思います。

 

男たちの復讐が怖かった

彼女がウソをついた理由として考えられるのは、男たちの復讐が怖かったのではないかというものです。

彼女は自分が証言したことで、男たちに復讐されるのが怖くなってしまったのではないかと考えました。

 

彼女は男たちに怖い思いをさせられているので、また同じことにならないかと不安になっても不思議ではありません。

ですので、もしかしたら復讐が怖くて証言できなかったのかもしれませんね。

 

 




 

事件を忘れたい

個人的には彼女がウソをついた理由は、事件を忘れたかったのではないかと推測しています。

女性なら誰でもレイプされそうになったら、とても怖く精神的なダメージが大きいと思うので、一日でも早く忘れたいと考えるのではないでしょうか。

 

もし、警察に事実を証言してしまえば、警察で色々と事件の内容を聞かれますし、その後も裁判で証言する可能性もあります。

彼女にとってみれば、事件はとても辛くて全ての記憶をなくしたい事実だったのではないでしょうか。

 

それで、彼女は警察に事実を聞かれても、ウソをついてしまったのだと考えました。

 

 

 

 




 

姉ちゃんの恋人4話の吉岡真人の過去について感想!

ドラマ「姉ちゃんの恋人」4話を見て、吉岡真人の過去が判明しました。

 

ドラマ1話から吉岡真人の過去には犯罪歴があるような雰囲気だったのですが、4話でどんな犯罪だったのかが明らかになりました。

 

吉岡真人は真面目で優しいの性格なので、他人を守るための犯罪だったとは何となく推測できてたのですが、守りたかったのは彼女だったのですね。

 

しかし、吉岡真人は命をかけて彼女を守っていたのに、結果的には彼女に裏切られたような感じになっています。

 

吉岡真人にしてみれば、彼女の警察での証言は相当ショックだったと思いますので、真人が人と関わるのが苦手になってしまったのも分かるような気がしました。

 

ですので、明るくいつも元気な桃子に、吉岡真人の心の中にある氷を溶かしてあげてほしいと思いました。

 

今、ちょっと気になっているのは、吉岡真人の彼女が生きているのか?ということです。

吉岡真人と彼女が過去の事件で別れてしまったことは想像つくのですが、彼女がウソをついたことで真人が犯罪者になってしまった罪悪感を彼女は感じていないのかなと気になっています。

 

もしかしたら、彼女は自殺している?

それとも、過去を引きずって暮らしている?

などと、いうことが気になります。

 

5話以降で、また彼女の話がでてくるかもしれませんね。

また、何か分かりましたら追記していきたいと思います。

おすすめの記事